The Attlee Governments, 1945-1951

前表紙
Longman, 1992 - 95 ページ
The Labour governments of 1945-1951 were amongst the most formative in modern British history. Under the leadership of Clement Attlee, the Labour administration which came to power at the end of World War II presided over major changes both at home and abroad.

この書籍内から

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

目次

Analysis Labour in Office
15
ERNEST BEVIN AND OVERSEAS POLICY
33
THE SECOND ATTLEE ADMINISTRATION
51
著作権

他の 2 セクションは表示されていません

他の版 - すべて表示

多く使われている語句

この書籍への参照

Revisiting the Welfare State
Robert Page
スニペット表示 - 2007

著者について (1992)

Kevin Jeffreys is a lecturer in history at the University of Plymouth.

書誌情報