同期現象の数理

前表紙
培風館, 2010 - 293 ページ
非線形現象に対する2つの代表的な縮約理論として知られる逓減摂動法と位相記述法を、リミットサイクル振動子系の同期・非同期現象に適用できる形で提示し、そこにみられる多彩なダイナミクスがどのように理解されるかを示す。これを通じて、生命科学、化学、工学等にまたがる横断的な学問領域として近年進展の著しいこの分野の最新の姿が明らかにされている。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報