オスカー・ワイルド: 長くて、美しい自殺

前表紙
青土社, 2001/03/20 - 381 ページ
0 レビュー
クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します
『サロメ』『幸福な王子』から『獄中記』まで世紀末文学の精華に、ワイルドは己れの未来を予見し物語化を計った―。運命のシナリオの如く作品世界を実生活で演じきり、人生の絶頂と奈落を生き抜いたワイルドの真実とは。精神分析的手法を駆使した画期的な世紀末芸術論。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報