アサシン・ハヤート

前表紙
2016/12/23 - 200 ページ

アサシンとは影である。彼らの名前が歴史に遺る事は決してない。しかし──

カラビヤートの覇権をめぐり大宰相の座を争って諸侯は戦争にあるいは謀略に明け暮れた。そんな時代の表を征く物達の裏で暗躍するアサシン達がいた。祖父シンキロウから幻魔を伝授されたレオ・アジャールは智将ムザフ・シルバの下で、アサシンとして任務を遂行する過程で数々の出会いと別れを経験してゆく。彼らの名前が歴史に遺る事は決してない。しかし彼らはそこに一人の人として確かに生きていた。仮想アラビア世界を舞台とした争覇奇譚。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報