愛子さまと悠仁さま: 本家のプリンセスと分家のプリンス

前表紙
新潮社, 2007/09/20 - 207 ページ
0 レビュー
クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します
四一年ぶりの男児でも、ここまで違うものなのか。皇室にはどこよりも、生まれた家の違い、男女の差が歴然と存在していた―。名づけ親、儀式の内容、ボディーガードの数、一家の予算、皇居を訪ねる際に通る門...。何から何まで、愛子さまと悠仁さまでははっきり異なる。その「立場の差」が意味するものとは何か。現役の宮内庁担当記者が、五歳違いのおふたりの成長から読み解く平成の皇室、その未来。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

他の版 - すべて表示

書誌情報