ページの画像
PDF
ePub

れは収まってきた。最もタウトらしい映像はやはり桂離宮 に立つタウトであり、もう一つは日本で一番多くの時間を すごした少林山・洗心亭でのタウトだ。ちらちらと揺れる イメージのはかなさを乗り超えて、それらの映像はこちら に向って何か呼びかけているようだった。

少林山・洗心亭に行ってみることにした。タウトの気を 感じとってみたくなったのだ。この前行ったのは九月で、夏 木立の繁りが濃かったが、今度は三月、ひるすぎころ着い てみると、暖S陽差しの中で葉を落した木々の枝はまだ透 けてみえる。百七十一段の大石段をのぼって寺域に入り、 さらに六十五段あがった境内の高所の霊符堂(本堂)に参 詣した。五十数年以前、タウト居住当時の写真に見かけた ような、浅間山をはじめ四方の山々までが一望に見える大 観は、現在では周囲の樹木に遮られている感じがするし、 加えて陽気のせいか上空も遠景もうすく靄がかかって、山 なみはよく見えない。だが境内は洗心亭の一隅を含めて高 爽開器の趣がなおよく保たれている。梅が綻びかけている 遊歩路を下りてくると、洗心亭は雨戸まで閉め切って人気 もなく静まりかえっていた。前に来たときは、ガラス戸越 しに室内を窺えたのだったが、これでは取りつく島もな い。タウトはいま、ここにはいない。これは不在そのもの だ。亭の周囲を一、二回まわって歩いてから、瑞雲閣と称 する庫裡に行ってタウト記念室を見た。デスマスク、制作 品の椅子、色紙、手紙などにいつまでも眼を向けながら、

出したのを記念して、毎年その祝日になるとアテナイは 「祭使」をデロス島に派遣するということが語られている。 この祭使派遣という市をあげての祝祭のあいだ、ソクラテ ス の死刑執行が停止されていたというわけだが、この「祭 使」がテオーリアと呼ばれていたのだった。国家もしくは 共同体を代表して異郷他国にはるばると出向き、その地で 祝祭に列して祝祭の模様をその眼で見届ける役がテオーリ アなのである。これはただ祝祭に列席する以上の存在と考 えねばならない。彼は自国の中で祭事にかかわるのではな く、異国を訪れて祭儀に加わり、祝祭競技を見る任務を帯 びていた。

ブラトンの『法律』(十二五)には、外国へ旅すること に関して次のような一節が読まれる。

......アポロンのためにピュト(デルボイ)へ、ゼウス のためにオリュンピアへ、またネメアやイストモスへ、 これらの神々に対して捧げられる犠牲や競技に参加する ための祭使を、われわれは派遣しなければならない。 ......その人たちこそ、平時の聖なる集会において、この 国によき評判をもたらすはずであり、戦争によってあげ られる名声に匹敵するものを国家にあたえてくれるだろ うから。

この個所では、語形はテオーリアの別形テオーロイ(複

「観ずる」に発しており、「見ること」の上に「祝祭」

は閑雅な早春の午後だ。講堂の前を歩いて洗心亭の方へ 戻ってみると、木々の枝どしにはるか向うの碓氷川が視界 に入ってきた。晴天続きだったので水量は多くなく、白い 細い筋が少しかすんで見えるばかりである。その白い筋の さらに向うをひっきりなしに車が走っているのは、あれが 旧中山道なのだろう。そのあたり住宅や工場が拡がってい るが、まだ一帯が田園だったそのころ、地元の人々はあの あたりから洗心亭の灯が夜遅くまでついているのを見た筈 だった。彼らが「タウトさん」と呼んでいた人物の内部で は、タウトというよりも一人の「まれびと」が日本の美の 光と影をこの国の人々に向って語ろうとし、また一人の 「テオーリア」が彼を容れようとしない故国の方に向けて、 メッセージを綴っていたのだ―こんなことを思いうかべ た私は、そんな想念のひとつひとつをもう一度確かめてみ なければ、と感じながら鐘楼の下をくぐり、所々木洩れ陽 が落ちてくる石段を下りていった。

〈付記〉タウトの著書、日記などの引用は、既刊の翻訳によっ て行った。ただし統一の必要から、旧仮名、旧字は新仮名、新 字にあらため、各種の表記記号も若干変更するなどしたことを お断りしたい。それらの引用出典をはじめ、参照した文献は、 単行本として刊行する際にあげる予定である。

■募集内容体験を中心に自らのありかたを殺ったもの、又は、自分自身に大きな影響や感

銘を与えた人物(肉親、恩師など)の生き方を描いたものであること。
次の点に注意してください。

●作品は、ノンフィクションであること。
自作、未発表であること。(出版社等が作成を手伝ったものは、該当にならな

●製本したものは、受付けない。
●固有名詞(人物名や団体名)を使用する場合、ブライバシーの侵害にならな
いこと。

日本語で書かれていること。
●原稿の字が薄くコピーができないもの、判読不能のものは審査の対象としな

北九州市◎森島外記念事業

自分史文学賞

■応募様式400字詰め縦書き原稿用紙(B4判)使用、200枚から300枚程度

ワープロ原稿可、400字換算枚数を明記のこと。
表紙に、題名、名前(ペンネーム使用の場合は、本名を併記)年齢、性別、
職業、住所、電話番号を記載。別に800字程度の梗概(あらすじ)を添付す

ること。
●応募は一人一作品に限る。
●応募作品は原稿用紙の右端に2穴(約8センチ間隔)をあけヒモで綴じる。

(ノリ付けはしない。)

●応募後の作品の訂正等は、一切受付けない。
応募資格 特に無し
■募集期間 平成3(1991)年7月1日から同年9月30日まで(当日消印有効)
毒查委員 委員長:三浦朱門委員:潮戶內寂聽、佐木隆三

大賞:1名■200万円/佳作:2名■各50万円

(表彰式は、北九州市内にて行う。)
■発 表 平成4年1月中旬受賞者本人宛て直接通知
■作品の扱大賞作品は(株)学習研究社から単行本化の予定

受賞作の著作権等諸権利は北九州市の所有とする。
■応募作品 応募作品は原則として返却しない。特に返却を希望する者は2,0000円の配便
の返却 為替、又は同額の郵便切手を同封し、封筒に「原稿返却希望」と朱書きする

こと。
ただし、原稿は破損、落下する場合がある。 又、コピーの返却となる場合が
ある。

[blocks in formation]

主催:北九州市・北九州市教育委員会
●宛先(お問い合せ、応募要項請求先)
〒803 北九州市小倉北区城内1-1・北九州市教育委員会文化部内

自分史文学賞係 TEL093-582-2391

第1回大賞作「聖馬昇天 坂本繁二郎と私 岩田 礼/(株)学習研究社/只今発売中!

[ocr errors]
[blocks in formation]

だから記憶にある母は、家にいるときの割素
着姿と、盛装といえば参観日の、夏と冬の、
二着の和服姿である。春と秋は、どんな着物
を着ていたのだろう。

洋服は、同じ路地の筋向いに住む中国人仕
立屋に、頼んでいた。しかし父兄会は、着馴
れた和服に限られていた。着る物に執着しな
い性格と、四人の娘を育てるのに精一杯で、
着物にまで手が出なかったのだろう。

子供服を仕立屋に任せるようになったの
は、私が小学校三年生のころからである。そ
れでも母は、冬は銀れず色に、親指の爪はど
の白い花が散った一越の袷、夏はターコイス
ブルーを水で薄めたような、駒絽の長着と決
まっていた。駒絽の着物は私がもらって、い
まももっている。

これは白い小さい千鳥がところどころ群れ
飛んでいて、涼しげである。懐かしくなっ
て、虫干の日に袖を通して姿見の前に立って
みるが、まあ、悪くない。

装身具も母は嫌った。指輪をはめるのは父
兄会ぐらいで、これは、他の母親たちがダイ
ヤモンドやヒスイや、金銀で飾りたてて出席
するので、僅かに巣くっている虚栄心が刺激
されたらしい。黒真珠の類だろうか、くすん
だ鉛色をしていた。光線の具合で桃色の光を

人の、おさげ髪の娘たちを三等船室の丸窓に
集めて、はれ五島よ、もうすぐ長崎、と長崎港
まで百キロもあるというのに長崎丸は時
速二〇・九ノットー下船の準備にかかる。
私たち姉妹は、ときおり波しぶきがかかるガ
ラス窓に額をつけて、おぼろに浮かぶ島を眺
めた。私と五島は、いうなれば総称とのつき
あいで、おぼろの島を良しとしていた。そして
それは、若の、母につながる島影だった。

それが半世紀もの後、この島の、大瀬崎の
灯台を見下す断崖に立ったとき、太陽に照り
輝く東支那海と、火の島の壮絶な断崖に、私
は虚をつかれた。足許に展開する風景は、玄
武岩や花崗岩の岩山が波間から頭を出す、美
しいが荒さを秘めた島だった。

四十代のころの母は、私たちの授業参観や
父兄会があると、真珠の指輪を薬指にさし
て、出席した。着てくる和服は決まって S
て、季節に一枚の、いわゆる一張羅だった。

« 前へ次へ »