ページの画像
PDF
ePub

孝男

は、「フランス語を話し、いかなる国家にも属さず、むし
ろ、ほとんど一世紀この方、存在しなくなっていた神聖ロ
ーマ帝国の家臣をもって自ら任していた」という。今、彼
らの館のいくつかは外国公館となって別の命を生きてい

る。

とある建物の三階はバロック風の屋根をいただいている が、その下に繊細な鉄の飾り文様のついた4台があり、閉 された窓の上部には、黒ずんだ青の色彩によるキリストら しい人物の壁画が描かれている。それと同じように、ブラ ハの町角や壁には、ところどころ外につき出た街灯となら んで、聖母マリアの絵や、楽器、古いギルドの紋章らし いものがあり、スラヴの民俗的感覚と、あとから来たオー ストリア、ドイツのバロック的装飾のまじり合った感があ った。通りの向うには、城門と聖ミクラーシュ教会の青味 がかった円蓋どしに、入り組み、迷路のようにつみ重な り、まるで城に集約されるようにせり上ってゆく古いくす

の中庭に聖マリア教会 (九世紀)を建て、ついで息子のヴラ
チスラフ一世がつくった聖イジー教会 (十世紀)が核となっ
たものである。しかしこの城に象徴されるスラヴ系の王朝
は長くつづかない。ブシェミスル家が絶えると、ドイツ皇
帝であったルクセンブルク家のハインリッヒ伯の子、ヨハ
ンが王となり、その子、カルル(一三四六年から七八年)に
至ってプラハは彼の就任した神聖ローマ帝国の首都となっ
た。とはいえ、一五二六年以来、ウィーンのハプスブルク
家の支配とドイツ化がはじまり、一九一八年のオーストリ
ア=ハンガリー帝国の崩壊まで続いたのである。

したがって人口比にすればドイツ系住民よりも圧倒的に
多S被支配階級のチェコ系住民にとって、この城は愛情の
こもる歴史の象徴となったことは否めない。いや、それば
かりではない。少数の民族にはドイツ人以外に、カフカも
その一人であったユダヤ人がいる。彼らはローマ時代から
た連中とは別に、ブシェミスル王朝の頃に、東からバル
カンを経て移住し、さらにバヴァリアやフランコニアから
もプラハに来た。歴史の過程でドイツ系ユダヤ人が増大
し、富裕となったものは、ヴェンツェル広場よりカール広
場までの、いわゆる「新市街」に住み、そうでないユダヤ
人の多くは「旧市街」のユダヤ人・ゲットーに暮した。

一方、ドイツ系にも、中世以来、ズデーテンから東方進
出をたえず狙ってきたドイツ人と、ハプスブルク帝国の成
立後、とくにウィーンと密接につながるオーストリア人に

の割合は一五・五パーセントから七・五パーセントに渡っ
ている。一九三九年の三月、ナチスがブラハを占領した時
の総人口百万のうち、ドイツ人は六万に過ぎない。しかも
そのうちの二万五千人がドイツ系ユダヤ人であった。また
パーヴェル・アイスナーの指摘によれば、カフカの時代、
ドイツ系人口の八五パーセントがユダヤ人であった(『カフ
カとブラハ』)という。

ブラハは、このように長S歴史を通じて諸民族のアマル
ガムとなり、「言い争いの町」となった。カフカの作品に
『審判』や「判決」『城』「流刑地」「掟の門」というような
「法」や制度にかかわる、不気味で神秘的な幻想的作品が
多いのも、必ずしも彼自身の独創性にのみ還元できまい。
彼の生きた時代の抗争と、長い歴史のなかのドイツ系ユダ
ヤ人の、目に見えない拘束への恐怖と絶望が彼の存在の根
度を浸しているからであろう。彼が自己の存在の本質を
「不安」であるというのも、そこに由来しているに違いな
い。彼は彼の言う「見えない審判」をおそれていたのだ。
オーストリアの官僚制度のつくり出した複雑な法制度にと
らわれることを存在の根底までおびえていた。

カフカの心安らかな場所は地上のどこにもなかった。彼
はブラハにいてもチェコ人ではなく、ドイツ系であり、そ
うであってもドイツ人ではなくユダヤ人である、という二
重の否定の精神構造を本質的条件とする「異邦人」であっ
た。彼はかくことによってのみ自己同一性を保つことがで

アイデンティティ

ア的、ユダヤ的なプラハの秘密」があると語っている。カ フカの寓意にひそむ「孤独」と共同社会の、辛い、目に見 えない隠された敵意と侮蔑との闘いが、霊的な意味での天 上への希求をふさぎ、「法」をおそれ、終末論的な精神を つくり出していたのである。それはそのままに、との天才 の青春であり、同時に、プラハが如実に物語る、錯綜しっ つ、異民族同士の矛盾が極端にその内圧を昂めた時代の一 つの証言であったと考えることができよう。

私はユダヤ人を徹底して疎外したという、ドイツ・オー ストリア貴族たちの住んだ美しいクラインザイ テの町並 (それでもカフカは一度だけ住んでいる)を左に見上げながら、 重々しい橋塔の門を潜り、城下町であるマラー・ストラナ 地区へと入って行った。

ウィーンから汽車でブラハに着いた時、私は郊外に近い 宿に行くタクシーのなかから、もう、ドルやマルクをレー トの二倍で欲しいという求めにあった。中年の運転手はド イツ語で、クラーベン通りでは若者たちに英語で言われ た。夕方、ヴェンツェル広場で食事を済ませたあと、私は 旧市街のなかへまよい込んで行った。かつて一九六八年の 「プラハの春」の頃、ソヴィエトを中心とするワルシャワ 条約軍がブラハに進駐した当時、私は「五月革命」後の、 余盛消えやらぬパリでそのニュースをきき、情景をテレビ

[graphic]

わらず食料品店だけではなく行列がここかしこにできてい た。リッター小路を抜け、アイゼン小路から大円形広場 (旧市街広場)に出る。いたるところ歩道の上に板と木組の 仮の通路ができている。それは工事のためというよりは、 古い建物から剥落してくる壁片を防ぐためであったよう だ。「石畳み通り」を斜に抜け、昔のゲットーに入る頃か ら夜となり、時折りさす月の光をのぞいて極端に明りが少 く、影の多い建物の古い構えの間の、まるで迷路のような 小路を歩くと、全てが夢のように思われてくるのであっ た。

もとより、中世以来、ユダヤ人が住んでた古いゲット 1はとうの昔に壊されている。しかしそれ以前はボジヴォ イ王が定めた今の場所に、壁で囲まれ、文字どおり「ゲッ トー」(イタリアのヴェネツィアにある島の名前であり、孤独と 隔離を意味する)として六つの門をもつ独自な世界ができ、 ヴラスタ・チハーコヴァー(『プラハ幻景』)にしたがえば、 ユダヤ人の祭儀の時には昼も夜もこの門が閉さ れ、「完全 な隔離状態」であったという。一八九五年から市議会がこ のゲットーを取壊しはじめ、やがて他の旧市街と同じ「分 離派」風の建物にかわった。もっとも、W・M・ジョンス トンによれば、その時点ですでに住民の五分の四以上が非 ユダヤ人であったという。彼らの商売が多くダンスホール や安酒場、売春宿となっていたこともうなずける点であ

フション

る。

« 前へ次へ »