ページの画像
PDF
ePub

の軌道が楕円であることを証明したのである。ところでラ ビ・レウはユダヤ人・ゲットーのなかのみならず、広く錬 金術師として各地に知られていた。その超能力は、冬の真 中に宮中の庭を花盛りにし、また、ルドルフ二世の願いを 容れてユダヤ人の族長たちの霊を魔法で呼び、家を訪れた 皇帝の前で自宅を豪奢な館にかえたと、ヨハネス・ウルフ ィディールは「ゴーレム神秘」のなかでのべている。

このルドルフ二世とラビ・レウの交渉によって奇妙に も、ゲットーのユダヤ人と城がむすびついたのである。そ こからユダヤ人にたいする迫害を禁止する「血の中傷」の 命令が出たことはさておき、プラハという一つの都市のな かの殆んど隔絶していたかに見えた二つの地区が結ばれた のであった。しかも錬金術という、いかにも神秘的な物質 の変革と創造の技によって。今もブラハ城のすぐかたわ ら、手の一角に「黄金の小路」という、まるで童画のよ うに不思議な家並があるが、それはルドルフ二世の召しか かえた錬金術師たちのアトリエであり住いであった。黄、 紫、青、渡褐色等の、木組のある、窓の変形した、石畳の その小さな通りは、むろん、復元し、改修を加えられたも のであるが、それでも、大きな聖堂や国立美術館、大統領 官邸、ルドルフ二世絵画館等のたち並ぶ、もっとも壮麗な 一角を占める点で、ルドルフ二世の錬金術への偏愛をぬき にしては何のリアリティも与えないものである。 いかにも場違いで、しかもスラヴ的な民俗性を感じさ

上か舌の根元へ置けば」、「ゴーレム」のみならず、人間の
屍の蘇生もありうるという説がラビ・レウによって証明さ
れたということになる。しかし、ユダヤ的側面からすれ
ば、つねにユダヤ人迫害の際にはあらわれると い う この
「ゴーレム」伝説は、ユダヤ人永遠の救済の希求でもあっ
たろう。さて伝説にしたがえば、完徳の賢者、ラビ レウ
は「口が利けないだけ」の下僕をつくったのであった。彼
は「薪を割り、床を掃き、水を運ぶために、若干の道程を
のそりのそりと歩いた」という。

しかし時が経ち、ラビ・レウは再び「ゴーレム」を土偶
に戻し、「新旧教会堂」の屋根裏に安置し、かくてその真
偽をめぐって二世紀にわたって論議が沸騰したのであっ
た。ドイツ・ロマン派の詩人、ブレンターノもとの伝説に
熱中し、「言葉のみが創造の力を有し、生命を賦与し得る
ものであり、その言葉を打ち壊せば、その存在もまた打ち
壊される」と、次のように語っている。
「師はゴーレム造出の際に、その額に《Anmauth》 (真理)
という言葉を書きつけたが、いまそのうち Aan》の綴りさ
え消し去ればよいのだ。

そうすれば『死』を意味する 《Mauth》という言葉だけ
が残るのだから。その瞬間にゴーレムはたちまち元の粘土
に瓦解してしまうのである」(「ゴーレムの再来」エーゴン・
エルヴィーン・キッシュより引用)
Sかにも想像力を駆使したブレンターノらしい思考とい

で愛らしい少女が「私」を見つめる。「私」は彼女の手引
きで、いかなる亡霊も入りこむ余地のなさそうな墓地へと
入ってゆく。かの高徳のラビ・レウの傍で、ルドルフ二世
やカバラとのかかわりを語った少女との夜は、ライラック
の花の匂いとともに「私」には忘れがたい。その後、ふた
たび少女の住んだ町を訪れると、その娘が死んだことを老
人からきかされる。しかもその少女の墓はこのユダヤ人墓
地にはない。「善政を敷かれたヨーゼフ皇帝が、この墓地
にもうこれ以上、死人を葬ることを、禁じてしまっておら
れたからだ」と。

この暗く美しい小説は息づく過去の「夢」の物語である
とともに「善政を敷かれたヨーゼフ皇帝」というハプスブ
ルク家最後の支配へのイロニーが利いている点で出色のも
のである。そこにもまた、カフカに至るまでの、政治を想
像力の培養土とした神秘的小説の系譜が見えてこよう。

旧市街のユダヤ人街を出て私はモルダウ河の岸に立っ
た。遠くにブラハ城の明りがまたたき、ふたたび出た月の
光が、凍るような空気をとおして河の面を照し出して S
る。カルル橋の聖人たちの像が、その流れに身をかがめて
いるように思われるのであった。

ところで生涯の大部分、ブラハを離れなかったフランツ ・カフカとは違って、同じドイツ系ブラハの文学の担い手

すべて所有したい」とのべていることからも推察できよ う。むろん、この作品が鋭い現実批判であったというわけ ではない。それはリルケの裡に、ドイツ人でありながら、 その故のない優越感を嫌悪し、懐かしいボヘミアへの愛を とおし、チェコ民族運動を理解しながら共存を望む人間の 希求と、その「内面」尊重の志向が、統一のないままにあ らわした作品である。 「ねえ君、なんのために憎むんだ? 憎むってことは、と てもみじめな思いにするよ。ドイツ人にはなんでも勝手に させておくがいい。だって、彼らはぼくらの国を理解して いないのだもの。理解していないのだから、彼らは絶対に ぼくらの国を奪いとることもできないさ」

登場人物の一人のチェコ人に仮託されたこの言葉のなか に読みとることができるのは、ドイツへの反感と、共有す るボヘミアへの愛である。奪いとられるのは国境と政治で はあっても風土ではない。『二つのブラハ物語』のうちの 一つ「ボーフシュ王」は、言うまでもなく反オーストリア 運動の秘密結社をつくった人物が裏切りをした結果、犠牲 者を出し、自らも暗殺されたという、一八九三年の現実の 事件を下敷にしたものである。しかし作品の重心が、偏狭 なドイツ上流階級のナショナリズムへのイロニーと郷土愛 を表裏のものとしていながら、主人公の「内面」描写に傾 斜していることは否めない。また短篇『兄妹』がドイツの 青年とチェコの少女の愛の仄めかしにおわるのも現実批判

ろ郷土主義から状況をとらえようとして

「愚かにも私があのようなつまらぬ仕事に賭けようとして
たのは、私を妨げようとする周囲の者にこの活動での私
の権利を実証したいという性急な願いに、駆りたてられて
いたからです。(中略)これは私の生涯のうちで、私が仕事
の内部で闘わずに、むしろ貧弱な駈け出しの作品を携え
て、世に認められることを求めて外に出ていった唯一の時
期でした」

もとより『二つのブラハ物語』が、その「貧弱な」作品
であったか否かを改めてここでは問うまい。しかしそれ
が、やがて『マルテの手記』をかき、H・E・ホルトゥー
ゼンものべるように「不安とは、内的に確実なものが、ひ
とつを除いて、無情にもすべて脱落してしまうこと」であ
る。「そしてそのひとつとは、自覚的に『磨きあげられた』
感受能力の、しかも本来的に『激変』という弁証法的行
為に適した感受能力の有する力のことであり」、マルテの言
う「『一歩踏み出しさえすれば』」、「『ぼくのはてしな く深
S悲惨な浄福に変ることだろう』」とのべるところに達す
るための、やはり必然的なステップであったと理解する必
要があろう。

その「内面」世界が、「浄福」となったか否かは別とし
て、カフカもまた達したと思われる自己の本質としての
「不安」の自覚への道と殆んどかわるところがない。ブ ラ
ハに止まろうと出郷しようと、ここにプラハという都市の
根本的な状況と時代が、二人の天才に、自己認識への徹底

ウムシュフーク

« 前へ次へ »