ページの画像
PDF
ePub
[graphic]

人間の運命を、悠久の歴史 を流麗な筆に刻みつづけた 井上靖文学の最後の一冊。

6月26日発売 定価1100円

[ocr errors][merged small]

第4回 三島由紀夫賞受賞/

佐伯一麦

ア・ルース・ボーイ

ぼくは十七。教師にはルースという烙印を押されたけれど、ルースには“自由な、の意味も あるんだ。二つの意味の岐路にいまぼくはたつ! みずみずしい寄春小説の誕生/

[blocks in formation]

突然舞い込んだ一点の絵来るべき<死>の予感によって研ぎ澄ま された〈生〉は、幻想の霧を吹き払って燻し銀の輝きを放つ。この表 題作のほか、沙漠を蛇行し伏流する川の流れに抗しようのない人間 の<宿命>を見る「川の畔り」など五作を合せた短篇小説集。

[graphic]

定価には消費税が含まれています

幽霊がこんなに遅れて やって来るなんて、 きっと事件に違いない。 OL探偵コンビ新登場!

Shinchosha

* 赤川次郎の本

数字は定価

遅刻して来幽霊

密告の正午 別れ、のち晴れ mm 半分の過去 ふたり いつもの寄り道% 子子家庭は危機一髪 S 勝手にしゃべる女 叫 踊る男

950 1000950 1100 1000

赤川次郎

愛した人に裏切られて死ぬ人生もあれば、 愛のために誰かを殺してしまう人生もあ る。でも、「きっと、化けて出てやる」なん て遺書を書いて死ぬ人って、いったいど んな人なのかしら?―しっかりものの 貞代と、のんびり屋の実子が入社二か月 の新入社員の自殺の謎を追ううちに幽霊 からの電話が......表題作他五篇の短篇集。

6月4日発売 定価1000円

[graphic]
[graphic]

「殺してやる!」よりも「死なれては困る」の方がずーっと恐い場合もあるのです

死なれては困る

夏樹靜子

消灯後の内科病棟。ある植物人間の病室に何者かが侵入、 病人の殺害を図って発見され逃亡した。刑事たちは周囲 の人間に事情聴取を始めるが、動機のありそうな人間は 一向に現れない。捜査を進める刑事の頭にある疑惑が芽 ばえる。もしかしたら......。死角を突いた巧妙なトリッ

>6月2日発売 ク。現代的な罠の恐怖を描く、熟練ミステリーの醍醐味。定価1200円

ありえないこともない物語。 ......なにか変だ。あとでふっと気付く日常の小さな異変。

あるべき場所

原田宗典

何もない日常には、何かある。気付かずに通り過ぎてし まう、些細な出来事。主人公のいない、だからこそ誰も が主人公になりうる物語。その展開図を描いてみせる、 異色の作品集。――正常と異常の、ささやかな隙間に隠 れているものを、さまざまな形の物語のなかに登場させ た、それぞれ色合いの変った、五つの不思議な世界。

定価には消費税が含まれています

●6月17日発売 定価1200円

[ocr errors]

1

[ocr errors]
[graphic]
[graphic]
[ocr errors][merged small][merged small]

動乱はわが掌中にあり

日露戦争時、欧州で帝政ロシアを提乱した情報将校明石元二郎の革命工作を描く歴史長編/

情報将校明石元二郎

の日露戦争
水木楊 >6月29日発売・定価1500円
一九〇四年、欧州の冬 日露戦争を睨んだ陸軍大佐明石元二郎と

明石元二郎
祖国独立を夢見るフィンランド革命党のコンニ・シリアクス。二匹
の黒豹は、プレーヴェ暗殺、戦艦ポチョムキンの反乱など、テロや

明石と協力して 革命運動を背後で仕かけ、帝政ロシア崩壊の導火線を作った。欧州

活動した。 の間を駆け抜けた稀代の情報将校と革命家たちの戦いを描く長編。

シリアクス

[ocr errors][merged small][ocr errors][merged small][merged small][ocr errors][merged small]

ベルリンの壁崩壊!世界が音をたてて動いていく「疾風怒濤」の 只中に、居ても立ってもいられずに駆けつけたベルリンの街。思い 出すは十三年前の東独不自由旅行、道連れは句帳とスケッチブック、 出会ったはベルリンの心優しき人々――敦煌編・巴里編併録、軽妙 洒脱な文章と俳句とスケッチで綴る、海外大吟行シリーズ伯林編。

[graphic]

私家版日本語文法 井上ひさし 定価1200円

天才たけしが、政治経済、社会風俗から芸能 界まで、すべてをブッタ斬った超ド級爆弾! ビートたけし

留学生と見た日本語 佐々木瑞枝 定価1240円

人の砂漠 沢木耕太郎 定価1300円 わたしの献立日記 沢村貞子 定価1400円

だから私は 嫌われる

マキアヴェッリ語録 塩野七生 定価 1340円

6月1日発売 定価1000円

輝やけ 我が命の日々よ 西川喜作 定価1100円

心臓病棟の8日 平澤正夫 定価1200円

今の世の中、言わなきゃいけないの に、言えない事が多すぎるよな。政 治家は情けないし、男どもはだらし ないし。消費稅、自衛隊、紀子さま ブーム、テレビのお笑い番組―み んな、どこかおかしいと思ってるん だろ? いつから日本は、こんな国 になっちゃったんだい? オイラの 毒舌の嵐、受けとめてくれよな!

夜明けあと 星新一 定価1300円 スズキさんの休息と遍歴 矢作俊彦 定価1900円

定価には消費税が含まれています

良心的 夏斉の写真コラム 山本夏彦 定価1300円

« 前へ次へ »