ページの画像
PDF
ePub

な、確信と安堵のまじった気持が、しかに伝わってきて、 思わず、 「流れに棹をさすここちして」

と下の句をわたしはつづけました。わたしの心も流れに 乗るように浮々と至っていたのでした。

その冬、西行は鞍馬の奥で、厳しい寒さを凌いで修行に 打ち込みました。

わりなしや水る貨の水ゆに思ひ捨ててし春

の待たるる この歌が送られてきたとき、わたしもすでに京都を離れ ていました。西行が「思ひ捨ててし春」と言った気持が、 胸を鋭く刺す哀傷の思いとなって響きました。この世を出 離するとは、いざその時になってみると、やはりある痛み を伴った所業ではあったのです。わたしには、寺の庫裡に 引いた筧の水が、透明に凍っているのを、呆然と見ている 西行の気持が、わがことのように分りました。くる日もく る日も鞍馬の奥は当でしょう。高い杉木立から、雪が、日 い煙のように、時おり崩れ落ちてくるでしょう。スが驚い たように声をあげて飛び立ってゆくでしょう。そしてその あとには、果てしない静寂と不動の世界がつづくのです。 西行はその沈黙の重さに押しつぶされそうになっていろの でしょう。自分から望み、華やかな浮世のすべてを切り捨

は、よくあることで、混沌未分の、激しい渦のようなもの と申してよろしいでしょう。

それでも、変らずに西行を支えていたのは歌でした。歌
によって、浮世のはかなさを超え、永劫不壊の言葉の器に
無量衆の心を盛るということでした。心が動揺し、迷いの
雲が立ちのぼるたびに、西行は、それをむしろ歌の植とし
て喜んで受け入れようとしていました。

さればよと見るみる人の落ちぞ入る 多くの穴

の世にはありける
ここには、その穴に落ちてもがいている西行その人がい
るのをわたしは感じました。それでも歌があり、歌の道を
通って森羅万象の輝きへ辿る不屈の意志がありました。そ
れはいかにも若い北面の武士佐藤義清の新戦のようにも見
えました。こうした結戦の揚句に、
雲晴れて身にうれへなき人の身ぞさやかに月

かげは見るべき
というような静かな達観した境地へと抜け出してゆくの
でした。

寺々を廻る苦行の最後は醍醐の理性院の東安寺で行われ
ましたが、その後西行に大きな変成があったのではないか
と思います。空仁上人の思い出も働いていたに違いありま
せん。東山、北山の寺に籠って修行を重ねた頃は、どこ
か、うしろへ引き戻されてはならぬという並々ならぬ気配

た。

いとなみ

「西住よ。こんな気持になるまで一年以上かかっている。
出家するとは、これほど魂を翻弄する激しい行為であると
は思わなかった。出家以前は、むしろそこに乗れば、法の
岸へと自然に流れつく舟のようなものに思っていた。空仁
上人と会いに法輪寺を訪れた頃は、そう話し合っていた
はないか。が、受戒し納し僧となってからそうではない
ことに気づいた。この心の動揺は、そなたにはその折々に
書いてきたから、大体の移りゆきは分って貰えたと思う。

とにかく荒海を渡りきった いま、小さな船津に着いた感
じである。ここでは、万事が親しく懐しく見える。この親
しさ、懐しさこそ、前から見つけて手に入れたいと思って
いたものだ。

時雨のなかで紅葉を深めてゆく木々の梢を見ても、晩秋
の山の背をごうどう鳴らして過ぎてゆく夜の風を聞いてい
ても、何とこの世は心に染みる好きものに満ちて S る の
か、と驚かないわけにゆかない。好きものが森羅万象に満
ちているのである。

私はながいこと出かけることのなかった歌会の誘いに
も、ようやく承諾の返事を出すようになった。 いままで私
は、歌会に集う人々とは、すこし肌合いが違うので、でき
ることなら会わないですまそうとした。
だが、双林寺や雲居寺に集う歌人たちは、北面に仕えた

半月を現前させるような言葉の力の場であった。私が普通
の歌会や宴にはあまり出なかったのはそのためだった。そ
のかわり、頭広殿や常盤の里で頼業殿に遇えるような場所
にはよく出かけた。

西住よ。私はようやく紀ノ川のほとりで眺めた浮島のよ
うなこの世を、迷いなく、ひしと心に抱くことができる。
この世はもともとただそれだけのものにすぎぬ。味もなけ
れば、芸もないのだ。それが浮島と見え、虚空のはかなさ
に包まれると見えたとき、好きものに満ちていることが解
るのだ。運命の興亡も、季節のめぐりも、花鳥風月の現わ
れも、何か激しく心を物狂おしくする好きものなのだ。私
は、ただそれを物狂おしいままに好くために、こうして草
俺のなかに坐しているのである。

西住よ。もうそなたに会っても心騒がせず、昔のように
静かに物語もできよう。便りがあれば、ぜひ嵯峨野に立ち
寄って貰いたい」

西行はこの長い手紙の終りに次のような歌を添えていま
した。それは いまの物狂おしい西行の心の在り処を示すよ
うにも思えるのでした。

花に染む心のいかで残りけん捨て果ててきと 思ふわが身に

(「七の帖」終り)

[graphic]

で連翹の黄色とも深い出会いをするのだが、連翹の花の寒色系の黄色に比べ て、

« 前へ次へ »