ページの画像
PDF
ePub

経つにつれてきみにも信念が生まれてくるよ。そう して大 人になってみれば、赤頭巾ちゃんも、白雪姫も、銃や大砲 も、人間同士の争いも、魔女と七人の小人のたたかいも、 軍隊同士の戦争も、みんながみんなお伽話だったんだって 思えるようになるさ。でも将来、きみが大きくなったとき にも、魔女や小鬼や、軍隊や爆弾や徴兵制度なんていうき みの子どものころの夢に出てきた恐ろしい怪物たちはまだ きっといると思うよ。そのとききみはそんなお伽話に批判 精神をもって臨めるだろうか、そして現実のなかで批判的 に行動することを学べるだろうか。

(一九六四年)

[blocks in formation]

新潮社版

太陽信仰、神々の物語、夢の知恵・ 謎に充ちたインディオの習俗に、 代が忘れ去った知を見出す6 世紀に破壊された。沈黙の文明。の姿 を探るエッセイ。 定価2500円(税込)

[graphic]

再浮上による反復行為の散策のための 彼の虚構化をめぐる

ような若さとスコラ哲学のアナロジーに対する若き日のス ティーヴン・ディーダラスの憧れと、成然のヴィー「的循 環や抒情的文体のめまぐるしい言語学的使命との結合、つ まり抒情詩の文体と劇や叙事詩の文体、伝統言語と未来言 語、言語における実験と初期作品群における小説構造との 結合を実現するためにである。

かくしてわれわれは、後続の作品に照らすことによっ て、それに先行する作品の性質と機能とが、延いては「ウ ェイク』そのものが明らかになり、ティム・フィネガンの 葬儀のヴェールが実はレンツォとルチーアの婚礼のヴェー ルであることが見えてくると考える次第である。 『いいなづけ』は『フィネガンズ』が終わるところから始 まる。つまり『フィネガンズ』が「川走り」をもって閉じ る際の液体的要素のテーマを再開することによって始まる のである。事実本書も、ある水の流れの描写とアイルラン ド人のみに備わった能力である緻密なパロディーとで幕を 開け、まさしく前作をなぞり嘲ることで始まっている。で は『いいなづけ』は実際どのように始まっているのだろう か? 読んでみることにしよう。「連綿と続く二つの山脈 と山脈にはさまれて南へのびるコーモ湖の峡谷の一つは、 その山脈が突き出したり退いたりするにしたがって、ある いは岬や鼻となり、あるいは入り江や湾となっているが、 右手から山の一角が張り出して、その向かいからもなだら かな斜面が迫ってくると、湖面はにわかにせばまって、湖 はまるで川の流れのような姿をとる....」 」

[ocr errors]

この作品の語りの枠組みは素っ気ないほど簡潔なもの で、ある観点からみれば『ユリシーズ』のプロットの〈戻 り歌〉として見ることができる。レオポルド・ブルームの たった一日の叙述に見えたものが、ひとつの町全体、さら には世界全体に関する言説へと変容していったのに対し、 本書では、物語は一見、ひとつの地方全体、さらには帝国 (あのスペインの)を巻き込む一連の歴史的事件が複雑に 絡まりあっているかに見えて、実は主人公レンツォ・トラ マリーノのたった一日の出来事を扱っているのである。

ある朝早く、いいなづけルチーア・モンデッラとの挙式 の打ち合わせに村の司祭ドン・アッボンディオのもとを訪 れたレンツォは、領主ドン・ロドリーゴが結婚に反対して いることを知らされる。司祭との激しいやりとりの末、レ ンツォとルチーアはカブチン修道会士クリストーフォロ神 父の手助けで故郷を抜け出し、ルチーアはモンツァの尼僧 院に、レンツォはミラーノにそれぞれ身を隠す。その日の 午後、青年はミラーノである騒動に巻き込まれ、止むなく ベルガモに逃れ、一方ルチーアは、尼僧ジェルトルーデの 手引きを受けた悪漢インノミナートによって誘拐されてし まう。しかしミラーノの枢機卿のおかげでルチーアは自由 の身となる。日暮れに、ミラーノでは突然ペストが蔓延 し、ドン・ロドリーゴ、ドン・アッボンディオ、さらにク リストー フォロ神父が次々死んでゆく。レンツォがその 晩、急いでベルガモから戻ってみると、ルチーアは無事 で、その夜ふたりは結ばれる。ご覧のとおり、これは一日

« 前へ次へ »