けむり馬に乗って: 少年シェイクスピアの冒険

前表紙
叢文社, 2010/08/25 - 293 ページ
時は天正十年。少年シェイクスピアが、暗殺を逃れた女王エリザベスとともにけむり馬に乗って瞬間移動した先は、日本の戦国時代、本能寺が焼け落ちる直前...信長の導きで、襲いかかる刀より逃がれたふたりの運命は?乱世を舞台に、少女阿国と少年シェイクスピアの淡い恋の行方は...?河原に燃え上がる炎を背景に、息を呑むクライマックス。講談社児童文学新人賞受賞作家が奏でる幻と史実の世界。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報