おいしい育児――家でも輝け、おとうさん!

前表紙
世界思想社, 2018/02/20 - 128 ページ
おとうさんが家事と育児をするのがあたりまえになってほしい。そうすれば世の中は変わる。主夫として二人の息子を育ててきた小説家が、固定観念を乗り越えた先にある豊かな育児生活を提案。こどもの幸せを考える「こどものみらい叢書」第一弾!

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

他の版 - すべて表示

書誌情報