ページの画像
PDF
ePub

りようが見てみたくなった。三日がかりで昔にあったと思 える道を歩いた。伏見墨染までタクシーで行き、そこから 徒歩で桃山御陵のうらの大亀谷をぬけ、小栗栖の切通しへ 出て、三宝院にいたる畷道のあとち歩いた。

伏見墨染の旧軸重隊跡には、住宅や学校や官公の建物が 混在していた。とてもそこにむかし二百頭以上の馬が住 み、三百人は い たろう軸重兵の営舎や営庭があったなど考 えられないぐらいに家が建て込んでいて、辛うじて名残り のあるのは、京阪電車に沿った「師団街道」をはさむ商店 街だった。だが、それも、墨染駅から奈良線に向う途中 に教育大学の校舎やグラウンドが出来ているので、昔の鄙 びた町家は、街道筋にわずか残るだけで高みはみな新しい 住宅地に変っている。大石内蔵助が遊興したといわれた撞 木町も、深草練兵場を貫いていた両替町通りだっ そうだ から、むろん、そんな遊廓の面影はいまだってない。旧師 団前から、大亀谷を東へ入るとまなしに商店街の中に墨染 寺の小さな門があって、馬をつれて歩いた日も寺内に大き な桜が枝を張っていたのをぼんやりおぼえていたが、当時 の町家はみな屋根も低かったので、練兵場からも四月は桜 が目立ったのだろう。私は、山根さんと一しょに墨染寺の 前から、小栗栖へ歩いたのが、その途中の坂道に二本の 山柿が昔の枝ぶりをみせて、鈴なりの果をたわめていたの

た。私はその柿の下へいって、 山根さんが待ちどおしがるほど木を撫でて、このあたり で、たぶん馬の小休止だったかもしれぬ、と思った。小休 止は馬に水をやるだけだった。たぶん、農家の裏木戸をあ けてポンプ井戸をみつけて、走りこんで

をのぼりつめると、安芸山へさしかか った。むろん、このあたり昔は山峡道だったはずが、い まは両側に住宅や商店の建てこむバス道路なのでゆく先は 醍醐の六地蔵である。安芸山の丁字路へくると、やけに古 い農家ふうの家が一、二戸あった。また水田へ下る切通し の左側にも石段をもつ昔なら素封家らしいたたずまいの家 があった。こんな家の前にくると心がなごんだ。馬をひい て、坂を下る隊列の先頭は、山科川をわたって、脇道に入 る。その光景が幻のようにうかんで、真向 い の空は、すぐ に醍醐山だ。南は炭山、北は端山だ。上醍醐はずんぐりと まるくたかまっているから、峰は茶碗を伏せたようで、南 へゆくにしたがって低まって、宇治川へ落ちるのであっ た。私は

。たしかに、上醍醐から、下醍醐にかけて冬近 い山のこまかい髪はみな紅葉していて、赤い毛糸束でもち らしたようで、山の厳は赤かったり、黒かったりして美し いのだった。その足で、私は「おぐりすやSと」の看板の あった方へ山根さんにたのんで案内してもらった。勧修寺 の方角へ少し歩いた先であった。北御藤町と標識に書いて あったが、小栗栖の団地をすぎ、山科川に沿って北へ少し 行った先の斜面台地に「おぐりす灸寺本」と看板をたてた 旧家があった。農家造りの二階家で、昔は作業小舎だった ろうと思われる大家が切妻の白壁を表にみせて、奥へのび ていた。本家は直角に北向きにひろくとられていて、こん な段丘に灸の本舗があって、あぜ道に看板が立っていたな どというくわしい記憶はなかったが、神岡二等兵が、くせ 馬の「敷島」にひきずられて、車輛もろとも泥んこで小さ くなったのはこの炎本舗の真下だったろうか。とすれば、 山科川の土堤のあたりである。神岡と狂馬は土堤にきて立 往生したものか、それとも村につき当たって誰かに助けて もらったか。戦友たちに助け出されて墨染の軍病院

は、私の胴ぐらいの根の太さのが、何本かあって、五重塔 の方にまで、先すぼまりに、枝をたわめて道にたれている のだけれど、むろん、この日も十二月なので、花はなく、 ところどころに紅かったり黄色かったりするよごれ葉をの こした枝が、針のようにとがって天にひろがっているばか りだった。 「ここらあたりに馬をつないだんですよ」

と、思わず私は山根さんにいってしまった。
「お馬さんと」

と山根さんはいったあとで口ごもった。私が戦争中に、
伏見の馬卒をつとめていたことなど山根さんにくわしいこ
とはいっていなかった。それ故、私の万歩計をもっての散
歩が遠い小栗栖の山向こうの墨染からはじまって、切通し
をこえてきた遠路であったことなどにも山根さんは半ば、
重たげな気分でついてきてくれていたのだったが、醍醐寺
の桜の下にきた時に、はじめてそのことを少ししゃべる
と、ああっと声をのみ、
「お馬さんの兵隊さんどしたの」

といってうなずいてくれた。私は、その兵科がいかに辛
度いものであったかを、あらためて山根さんに語りたかっ
たが、のどまで出そうなのをとめた。もう古い古い話であ
る。勇ましい 歩兵や騎兵の戦功話ならともかくも輪重輸卒
には手柄話はない。田んぼの中を泥んこになって、早苗も

といい、
「ねきに小学校がおしてなァ、うちが夏に裸かでおふとん
干したりしてると、生徒さんらが土堤に珠数みたいになら
んで見てはりますねや」

とわらった。山根さんのアパートはそんな低地にあるら
しかった。だが、そういわれてみても近くにあるという小
学校とアパートと川岸の関係がよくわからなかった。

私が醍醐の愛仁会病院を出て、東京品川のK病院にうつ
ったのはその年の十二月末日で、急にこの病院にいるのが
いやになったからだった。もっとも、冬に入って寒くなっ
ていたし、三分の一になっている心臓には風邪をひくこと
が何よりの強敵だと医師も忠告してくれて、外出がゆるさ
れないこともあって、リハビリセンターに通うしかなかっ
たが、そこも正月から改修のために休館して三月にならぬ
と開かぬということだった。そうなると極力病院内の散歩
で足腰を使うしかなかった。が、病院の廊下は東京のKよ
りせまくて、入院者が扉外に荷物を積んでもいるので、せ
まくるしいところを歩くことになるのと、何よりも外歩き
についてきてくれていた山根さんのトドかあさんがスーパ
1の帰り途で足をくじいたのがもとで、腫れがひどくなっ
て、六地蔵の病院に入られた。そのため、山根さんは身内
の看護で多忙になった。私はそのことを、二、三ど山根さ
んのかわりにきてもらっていた同じ家政婦紹介所の平田よ

年の二月二十七日が、まだ秀吉は病気ではなく、つけひ げをつけ、眉も描き、お歯黒までして吉野へ出かけたと書 いてある。

吉野山こずゑのはなのいろくにおどろかれぬる雪のあ けぼの

と歌も詠んだし、この時はまだ関白秀次も同行してい て、一家団欒のなかで秀次も、

芳野山誰とむるとはなけれどもとよひもはなのかげにや どらん

と返している。山上で歌会をもよおした時にも、秀吉は ご機嫌で、

紅葉せぬ松の葉ごしの花のいろに家路わすれて千代ちへ
ぬべし

と詠み、子の秀次は、
ひたすらにかこちもやらず散れば咲く雨より後の花のみ
よし野

と返したという。父子はいともなごやかである。だが
それから四年たって、慶長三年の三月十五日の醍醐の花見
では、この日はどこやら淋しく思える。甫庵は筆の調子を
昂揚させて一日のあでやかな模様を書いていると前にいっ
ておいたが、じつは、甫庵自身も寂莫をかみしめているよ
うにも思える。年譜をみると秀吉は、吉野の花見の文禄三
年は、有馬に湯治して軀をやすめているが、翌年は子の関

« 前へ次へ »