Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理第2版

前表紙
株式会社 オーム社, 2007 - 256 ページ
Subversionは、オープンソースなバージョン管理ツールで、既に幅広いユーザの支持を得ている。本書はプログラマを対象にしたSubversionの実践的な解説書で、ユーザとして知っておきたいベストプラクティスを簡潔かつ十分に解説する。監訳者による注釈・コラム、svk, Tracに関する追補あり。 原書:Mike Mason, "Pragmatic Version Control Using Subversion" (The Pragmatic Bookshelf, LLC, 2005-02)
 

レビュー - レビューを書く

Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)のdoitnow420さんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - doitnow420 - 読書メーター

Subversion使ってみたいけど、ブランチとかタグとかなんだかよく分からん、という方におすすめ。スラスラ読めるし、実例もあっておもしろい。 レビュー全文を読む

Subversion実践入門—達人プログラマに学ぶバージョン管理のFGtatsuroさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - FGtatsuro - 読書メーター

リポジトリ構成・タグとブランチの思想などを知る事ができたのは◎/コマンドについては随時リファレンスを参照すればよいので、流し読み程度/ログメッセージやタグ・ブランチの命名規則など、開発チーム内で意思統一すべき箇所も多い レビュー全文を読む

ページのサンプル

目次

序説
1
バージョン管理とは何か
9
Subversionの基本的な使い方
27
有効活用のための指針
51
リポジトリへのアクセス
55
一般的なSubversionコマンド
65
ファイルロックとバイナリファイル
103
リポジトリの構成
113
サードパーティ製のコード
145
Subversionのインストールネットワーク化セキュリティ保護および管理
155
Subversionへの移行
181
サードパーティ製のSubversionツール
185
高度なトピック
203
コマンド一覧とレシピ
211
そのほかの情報源
233
索引
237

タグとブランチの使用
117
プロジェクトの作成
133

他の版 - すべて表示

書誌情報