バックアップ活用テクニック PART1

前表紙
株式会社 三才ブックス, 2018/04/16
0 レビュー
クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します
『バックアップ活用テクニック』は、1985年にスタートした雑誌。電子回路やプログラムの仕組みを理解して思い通りに改造する「ハッカーの楽しみ」を紹介する媒体でした。本書は、当時の印刷物からスキャニングした電子書籍です。
『バックアップ活用テクニック』、通称「バッ活」は、1985年7月15日、月刊『ラジオライフ』の別冊として誕生。不定期刊行を経て、15号から独立創刊(季刊化)。さらに31号より隔月刊となり、1994年の38号まで発刊されました。その後はタイトルを『ゲームラボ』(通称「ゲーラボ」)としてリニューアル、98年には月刊化となります。
「総集編」の2冊と合わせると、その数は実に40冊にのぼる「バッ活」。パソコンや家庭用ゲーム機が普及し、盛り上がりを見せていた時代の熱気を、ぜひ感じてみてください。

目次:
第1章 バックアップのための予備知識
●何がなくともメモリ・マップ
●各マシーンのメモリ・マップ
●PC対FM対MSXの行く末は!?
●ハッカー基礎知識"プログラム・エリアを調べよう"
●BASICプログラムの内部構造
●メモリ上のプログラムをいじるプロテクト
●NEWしたプログラムを復活させる方法/BASICプログラムを書き変えよう
●FM-7のオーダー・コードを使うと
●FM-7のアンリスト
●セーブ時のプロテクトを外すには
●正常なのにリストが出ない時の対策

第2章 テープ・ソフトBACK-UPのテクニック
●テープのフォーマットを探る!!
●テープの中身を解析
●テープの内容を見ちゃう解析ツール・プログラム
●マシン語のスタート/エンド・アドレス表示プログラム
●オリジナル・プロテクト・テープ作成法
●オートスタート・テープの作り方
●プログラムの中でマシン語プログラムを読ませる
強力バージョン/テープ・バックアップ・ツール
●ハッカー用語集

第3章 ディスク版バックアップ・ツールとソフト情報
●ツクモC-DOS88の使いごこち
●ツクモC-DOS7使用レポート
●FM-7/77ゲーム・ソフト情報
●ハッカー・テクニック"STOPキーを生き返らす"

第4章 ホンネで得をする買い物情報
●エリアマップ秋葉原
●エリアマップ日本橋
●FMファン必読"オーバーフロー・パソコン談義"・P&Q

第5章 ハッカーに贈るパソコン周辺機器製作
●MSX-ROM解析ツール"バックアップMSXver.1"の製作
●FM-7のジョイスティック接続法
●"じょいすてぃっく"コントローラの製作
●テープtoテープ波形整形"ダビンガーA"の製作
●FM-7/NEW7用3.5インチ・ディスクの増設
●ビギナーのための"RS-232Cでパソコン通信"
●付録資料
テープ・ソフト販売のお知らせ
編集後記

※編集部に現存する底本(最終原稿)が無いものについては編集途中の原稿を含む場合があります。一部に当時の印刷物による文字のかすれ、汚れ、欠損または文字の識別が難しい場合があります。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能は使用できません。
※記述は掲載当時の情報にもとづいています。価格・仕様の変更等が行われていたり、サービスが終了している場合があります。
※本書はあくまで報道の見地から「事実」を掲載したものです。「事実」を実際に行い、万が一事故やトラブルに巻き込まれた場合でも、小社および筆者は一切の責任を負いかねます。本書に掲載された情報の取り扱いはすべて自己責任で行ってください。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報