柳田國男とヨーロッパ: 口承文芸の東西

前表紙
高木昌史
三交社, 2006 - 458 ページ
柳田國男は西欧の研究文献をどのように読み、摂取したか。独文学専攻の高木昌史を中心に専門領域を異にする13名の成城大学研究スタッフが、同大学民俗学研究所に保管されている柳田の洋書文献に逐一あたりながら、口承文芸における柳田國男とヨーロッパの関わりに初めて本格的に取り組んだ画期的な比較研究ハンドブック。

この書籍内から

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

目次

彥II
71
昔話
328
姥捨山
456
著作権

多く使われている語句

書誌情報