藤田東湖

前表紙
吉川弘文館, 1998 - 286 ページ
1 レビュー
クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します
水戸藩主徳川斉昭の腹心にして代表的水戸学者。藩政改革と国家の独立維持に尽瘁する東湖の言動は、生前から全国の有識者視聴の的であり、『弘道館記述義』『回天詩史』「正気歌」などの著作は、幕末期のみならず、近代の人心にまで多大な影響を及ぼす。幽囚8年、しかも安政の大地震で劇的な死をとげる熱血漢波瀾の生涯を生き生きと描く本格的伝記。

この書籍内から

レビュー - レビューを書く

クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します

藤田東湖 (人物叢書)

ユーザー レビュー  - 夜半ノ嵐 - Booklog

第1 生い立ちと父の薫陶 第2 家督を継ぐ 第3 藩政改革への提言と実践 第4 藩主斉昭のブレーン 第5 側用人に栄進 第6 急転、幽囚の身となる 第7 出府、繁劇の晩年と終焉 レビュー全文を読む

他の版 - すべて表示

多く使われている語句

書誌情報