ひろがる高分子の世界

前表紙
裳華房, 2000/10/25 - 135 ページ
0 レビュー
クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します
本書では、20世紀初頭シュタウディンガー博士により提唱された高分子という概念が受け入れられた経緯や、私たちの体を形作る生物由来の高分子だけではなく、ダイヤモンドや墨鉛など意外なものも高分子であることをお話します。さらに、20世紀半ばから、人類が多様な化学反応によって、膨大な量の合成高分子を製造してきたこと、それら合成高分子が私たちの身のまわりでいろんな働きをして役立っていることを見ていきます。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報