音楽史の基礎概念

前表紙
白水社, 2004/03/05 - 255 ページ
ヘーゲル、マルクス、ニーチェをはじめ、ブルクハルト、ヴェーバー、アドルノ、ガーダマーなどの歴史理論を背景にしながら、「音楽史学」の根本問題についてさまざまな角度から照明をあてる。音楽の歴史を、一般史学および哲学との関連から捉え直した「音楽史の理論」書。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

他の版 - すべて表示

書誌情報