実践BCM運用・定着マニュアル事業継続マネジメント定着のための実践テクニック

前表紙
株式会社 オーム社, 2010 - 240 ページ
0 レビュー
BCP(事業継続計画)を導入した多くの企業は、その後ふたつの大きな問題に直面する。 ・BCM(事業継続マネジメント)がPDCAサイクル通りに回らない/将来、形骸化の恐れがある ・BCMがどこまで有効に機能するのか現状のレベルがつかめないこのふたつの問題は、すでにBCMの導入が広がっている欧米では、顕在化しており、解決するためのソフトやコンサルティングサービスも提供され始めている。 本書は、BCMを運用するためのPDCAサイクルの中から、重要な項目を紹介。
 

レビュー - レビューを書く

実践 BCM運用・定着マニュアル −事業継続マネジメント定着のための実践テクニック−のMeistersingerさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - Meistersinger - 読書メーター

ISMS導入からの応用は着眼点はいいんだけど、フルスクラッチからのBCM導入との差異が分かりにくい。統合MSとの絡みだということは大事だけど レビュー全文を読む

実践 BCM運用・定着マニュアル −事業継続マネジメント定着のための実践テクニック−のMeistersingerさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - Meistersinger - 読書メーター

BIAのやり方が少し複雑な感じ。リソース単位のリスクアセスメントから始めるのは良いアイデア。BS準拠にするところは説明不足な感じも レビュー全文を読む

ページのサンプル

目次

第1章 BCP導入後に直面する問題と解決のポイント
1
第2章 ビジネスインパクト分析のルーチン化
25
第3章 リスクアセスメントとリスク対応のルーチン化
55
第4章 机上演習のルーチン化
79
第5章 現状評価のルーチン化
111
第6章 ISMSを活用したBCMSの構築
149
第7章 BCPの復旧手順への適用
175
付録
199
用語集
221
参考資料
224
著者略歴
226
奥付
227
著作権

他の版 - すべて表示

多く使われている語句

書誌情報