星影さやかに

前表紙
文藝春秋, 2021 - 253 ページ
"〈マカン・マラン〉著者が描く感動の家族小説。戦時中、近所から「非国民」と呼ばれる父親を恥じ、立派な軍国少年となるべく日々を過ごしていた良彦。それから終戦を経て約20年後、良彦の元に父の遺品の日記が届く。なぜ父は心を病み、非国民と呼ばれたのか----本当に正しかったのは誰だったのか----そして、良彦の家にまつわる数奇な運命とは----激動の昭和を生きた親子三代の記憶が紐解かれる。"--Publisher's website

他の版 - すべて表示

書誌情報