新入生の私が痴漢電車で濡れる時 〜こんなこと…もう、嫌なのに…〜, 第 1 巻

前表紙
株式会社パラダイム, 2016/03/31 - 256 ページ
手崎流道は常に鉄道警察にマークされるも、無事逃げ切ってきた名うての痴漢師だ。 しかし、そのテクニックの巧妙さでどんな女性でも虜としてしまうため、最近では痴漢行為への情熱を失いつつあった。 そんな彼でさえ思わず目にとめたふたりの美少女が、この春からの新入生である、はるかとまいなだ。満員電車での慣れない通学で戸惑う少女に恥辱と性の快感を教え込むことで、再び痴漢師としての欲望が燃え立った!

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

他の版 - すべて表示

書誌情報