存在の一義性を求めて: ドゥンス・スコトゥスと13世紀の〈知〉の革命

前表紙
岩波書店, 2011 - 360 ページ
0 レビュー
クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します
中世哲学最大の謎を追う、思想の旅への招待。中世の思考の道具立てを、近代以降のそれと対照し、絡まり合う知の薮に分け入って、世界像の革命の実態に迫る。スコトゥスに宿った「近代」と、その実現されなかった可能性と―ここには思考態度の根本的な転換があった。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

他の版 - すべて表示

書誌情報