入門 XML 第2版

前表紙
O'Reilly Japan, 2004 - 423 ページ
XMLはWebアプリケーション開発で鍵となる技術です。Microsoftの.NETもSun MicrosystemsのSun Oneも基本はXMLでは。本書では実践例をあげながらXMLおよびXMLが持つ能力をわかりやすく解説します。本書を読めばXMLの基礎を短期間で習得できるでしょう。第2版の改訂にあたり、新たに仕様が策定された技術および仕様が改訂された技術についての解説を追加しました。さらに、XMLを使うさまざまな立場の人を考慮した大幅な加筆修正を全編にわたって行いました。
 

レビュー - レビューを書く

入門XMLのnobuokaさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - nobuoka - 読書メーター

XML そのものの情報というよりも、XML をとりまく様々な技術要素 (DTD や各種スキーマ、XSL や CSS, DOM や SAX などの API や文字エンコーディングなど) についてまとめられている書籍。 XML を使うことがあるなら軽く読んでおくといいかも レビュー全文を読む

入門XMLのcarbon_twelveさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - carbon_twelve - 読書メーター

XMLの初歩を理解するには良い本だと思います。XMLまわりの話(スキーマ、CSS、XSL、プログラミング)についてひと通り触れています。この本の最も関心した部分は、そもそもXMLとは何かを説明し、XMLを使う利点について述べている点です。この辺の話題は重要ですが、抑えている人は少ないのではないかと思います。 レビュー全文を読む

ページのサンプル

書誌情報