アルケミスト: 夢を旅した少年

前表紙
角川書店, 1997 - 199 ページ
1103 レビュー
羊飼いの少年サンチャゴは、アンダルシアの平原からエジプトのピラミッドに向けて旅に出た。そこに、彼を待つ宝物が隠されているという夢を信じて。長い時間を共に過ごした羊たちを売り、アフリカの砂漠を越えて少年はピラミッドを目指す。「何かを強く望めば宇宙のすべてが協力して実現するように助けてくれる」「前兆に従うこと」少年は、錬金術師の導きと旅のさまざまな出会いと別れのなかで、人生の知恵を学んで行く。欧米をはじめ世界中でベストセラーとなった夢と勇気の物語。

レビュー - レビューを書く

ユーザーの評価

星 5 つ
488
星 4 つ
327
星 3 つ
227
星 2 つ
53
星 1 つ
8

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)

ユーザー レビュー  - Masato Fujiwara - Booklog

薄いけどすぐには理解できず何回も読み返した。「前兆」や「大いなる魂」や「マクトゥーブ」に耳を傾けることは、自分が本当にやりたいことは何なのかを追求するのとイコールなのだと理解した。アルケミスト(錬金術師)が金属を精錬して純度を高めるように。 レビュー全文を読む

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)

ユーザー レビュー  - みむらっス! - Booklog

久しぶりに泣けた本。 あなたが、何を得られるか?ぜひ試して欲しい1冊。 レビュー全文を読む

他の版 - すべて表示

書誌情報