アルケミスト 夢を旅した少年

前表紙
角川書店, 1997 - 199 ページ
1103 レビュー
羊使いのサンチャゴは、彼を待つ宝が隠されているという夢を信じ、アフリカの砂漠を越えピラミッドを目指す。様々な出会いと別れを経験し、少年は人生の知恵を学んでゆく――。

レビュー - レビューを書く

ユーザーの評価

星 5 つ
488
星 4 つ
327
星 3 つ
227
星 2 つ
53
星 1 つ
8

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)のたんかれ〜さんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - たんかれ〜 - 読書メーター

羊飼いの少年が、小さな成功に踊らされず、本当の夢を諦めずに砂漠を越える。その過程で錬金術師(アルケミスト)にも会い、様々な学びを得る。■本当の夢はその人に与えられているものなので導かれ、前兆がある。■前兆をスルーしない。■全ては一つの手で書かれている。■自分の心と対話する。 レビュー全文を読む

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)の春色さんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - 春色 - 読書メーター

私には叶えたい夢があります。この本は、何度も背中を強く押してくれました。 運命を生きること、宇宙の全てが手を貸してくれること。全体を通じて、心次第で運命は引き寄せることができるというひとつのメッセージが込められていました。 最近、尊敬する方がおっ ... レビュー全文を読む

他の版 - すべて表示

書誌情報