アルケミスト 夢を旅した少年

前表紙
角川書店, 1997 - 199 ページ
2 レビュー
羊使いのサンチャゴは、彼を待つ宝が隠されているという夢を信じ、アフリカの砂漠を越えピラミッドを目指す。様々な出会いと別れを経験し、少年は人生の知恵を学んでゆく――。

レビュー - レビューを書く

ユーザー レビュー - 違反コンテンツを報告

夢をあきらめずに旅をし続ける少年の勇敢さに、胸を打たれた。
夢を実現するためには、最後まであきらめないことの大切さを教わった。
「宝物を見つけるためには前兆に従って行かなくてはならない。」

他の版 - すべて表示

書誌情報