巨乳女士官洗脳催眠, 第 1 巻

前表紙
2021/05/28 - 256 ページ
0 レビュー
クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します
宇宙へと進出した人類同士が争う時代。
操縦者の精神とリンクすることで自在に操ることができる人型戦闘兵器ジャザスが主戦力である。
強襲偵察艦シュバルはそのジャザスを多数搭載し、威力偵察を主任務として宇宙空間を航行していた。
元パイロットで、ジャザスの整備士であるアーロンは、シミュレーターの調整作業中に意図しない混線で、温和な女艦長のマリアが人減らしの極秘任務を遂行中で、自分もその対象となっていることを知ってしまう。
さらにシミュレーターを操作していると、上層部すらその存在を知らなかった謎の洗脳プログラムを発見する
怒りに震えるアーロンは生き延びるため、洗脳プログラムを使ってマリアへの復讐を開始する…。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報