姫様執事 男装皇女に蜜愛ご指南いたします

前表紙
アルファポリス
リンデルバウム皇国の皇女・リーゼロッテ。隣国アイゼンシュタインへの輿入れを三年後に控える彼女は、前宰相のもとで政治や帝王学を学ぶことになった。とある事情により、男装をし、執事見習いを装って。しかも、前宰相の館で執事として働くのは、初恋の人・アレクシスだ。勉学のためと言い聞かせつつも、高揚を隠しきれないリーゼロッテ。だが、再会したアレクシスはリーゼロッテを冷たくあしらい、こう言い放つ。「執事として使用人をまとめるためには、彼らを性的に充足させる必要がある。そのためには、まずリーゼロッテ自身が女の悦びを知るべきだ――」と。幼い頃とは全く違うアレクシスの態度に戸惑いつつも、リーゼロッテは、昼は執事見習いの少年として、夜はアレクシスに女として閨事のレッスンを受けることになるのだが……。許されない恋と、目眩めく快楽、そして張り巡らされた計略。官能と波乱に満ちたドラマティックラブ!
 

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

目次

セクション 1
1
セクション 2
16
セクション 3
56
セクション 4
65
セクション 5
68
セクション 6
80
セクション 7
101
セクション 8
118

書誌情報