最新コンパイラ構成技法

前表紙
翔泳社, 2009 - 505 ページ
0 レビュー
本書は、1学期あるいは2学期用のコンパイラコースの教科書として意図されている。本書を通じて学生は、コンパイラの様々な構成要素の背後にある理論、理論を実践へと結び付けるためのプログラミング技法、そしてコンパイラをモジュール化するためのインタフェースを学ぶことができる。インタフェースとプログラミング例を明確にかつ具体的にするために、それらをMLプログラミング言語で記述した。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報