隷嬢管理棟 〜制服少女たちのさらなる搾乳隷属記〜, 第 1 巻

前表紙
株式会社パラダイム, 2021/07/29 - 256 ページ
名門女学園での令嬢調教中に不慮の妊娠で生を受けた正隆。
母親はそのことが原因かは不明だが母乳の出ない体質となってしまい、正隆は授乳経験のないまま育てられた。
そのことで母乳に対し異常な執着を持つようになった彼は成人後、自ら開発した母乳が出る薬を開発する。
そして自身が生を受けた因縁の女学園へと戻り、学園長を脅して女学生寮の管理人となる。
復讐など興味はなく、正隆の目的はただひとつ、寮の学生たちに薬を飲ませ、母乳の出る牝牛として奴隷飼育することだった。
そしてその第一歩として寮長の祈里とまとめ役の七緒を搾乳隷嬢へと堕とすことに成功した。
正隆の次なる標的は、快活なギャル巨乳美少女の美春。
見た目に反し潔癖な美春は、身に覚えのない母乳に戸惑ううちに、正隆の強引な責めに翻弄され処女を奪われてしまう。
やがて美春はその責めが快感であることを自覚し、正隆の手中に堕ちていくのだった。
さらに正隆は次々と寮生たちを搾乳牝奴隷へと堕とすことに成功し、彼の母乳ハーレムは完成のときを迎える……!!

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

他の版 - すべて表示

書誌情報