草原と馬とモンゴル人

前表紙
日本放送出版協会, 2001/05/30 - 204 ページ
1 レビュー
クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します
匈奴や突厥として中国を脅かし、ユーラシアの東西を架橋した遊牧騎馬民族モンゴルとは、どのような人びとなのか。厳しい自然環境と折り合い、家畜を育みながらの生活は、農耕民の生活観・自然観とは大きく異なっている。オルドス草原を駆ける馬たちの背に、かれらの生活と人生がある。英雄チンギス・ハーンを追慕する壮大な叙事詩をたどり、モンゴルの人びとの馬に対する思いから遊牧民の生き方をさぐる。オルドス・モンゴル族の一員である著者が語る遊牧の文明。

レビュー - レビューを書く

クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します
ユーザー レビュー - 違反コンテンツを報告

 著者はチンギス・ハーンの祭祀儀礼を司る伝統を担ったオルドス部族(現中国内蒙古自治区)の出身で静岡大学人文学部人類学講座助教授。先祖チンギス・ハーンや馬に纏わる生活への親密な関係から“モンゴル人”としてのアイデンティティー堅固に、元来隣のモンゴル国の人々と郷土をこそ衷心から思慕しています。本著は「チンギス・ハーンの二頭の駿馬」という十三世紀創作のオルドス伝承の叙事詩に焦点を当て、「駿馬の哲学」の観点から“モンゴル人”を浮彫にし、民族としての内的覚醒と一致団結による内部和平の主張を試みます。二十世紀、“モンゴル人”は社会主義の荒波に巻かれ、モンゴル人民共和国はソ連の影響下、また内蒙古は中国の配下でと、その自覚と誇りと伝統・文化が試練に。「無数の細い流れを受け入れてはじめて大河になる」と、大器を備え広範に包括的に諸宗教諸民族を治め、「父なる蒼天と母なる大地を拝んだ」共通の祖先、“聖主”チンギス・ハーンを詠うことで、今日否応なく離反したモンゴル国と内蒙古のモンゴル人同士を一つにしたい著者の意図と願望があります。二〇〇六年、「大モンゴル建国八〇〇周年」を通年で掲げるモンゴル国は、勿論「チンギス・ハーン」を歴史上の中心人物に。真の“モンゴル人”は如何なる国でも著者と同じ意図と願望を抱いていることでしょう。“モンゴル人”同士の平和に寄与する価値ある一冊。  

書誌情報