ネットワーク社会の深層構造: 「薄口」の人間関係へ

前表紙
中央公論新社, 2000 - 273 ページ
0 レビュー
クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します
画期的技術が登場するたび、われわれのライフスタイルは劇的に変化してきた。近頃ではコンピュータ・ネットワークが急速に普及している。しかし生活変化が技術革新をもたらす側面を見落とすべきではない。ライフスタイルと技術との相互作用的な変化を捉えつつ、旧メディア時代からの流れを踏まえ、メディア上の交流がどういう必然性から導き出されたのかを分析することによって、人間関係と情報産業市場の方向性がみえてくる。

この書籍内から

レビュー - レビューを書く

クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します

ネットワーク社会の深層構造―「薄口」の人間関係へ (中公新書)のシリウスさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - シリウス - 読書メーター

人と人とが関わる方法は時代とともに変化しつつも,人と人とが関わること自体は変化することがない。人は孤独に耐えられないのだと思う。評価3 レビュー全文を読む

ネットワーク社会の深層構造―「薄口」の人間関係へ (中公新書)のるいさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - るい - 読書メーター

今読むと、どうしても「古い」と感じてしまう。けれども、この本が書かれた2000年近辺、コンピュータ・ネットワークが普及することで生まれるであろう新たな現象や問題の考察は非常に鋭く、よくまとめて書いてあると思った。 レビュー全文を読む

多く使われている語句

書誌情報