ノルウェイの森, 第 1 巻

前表紙
講談社, 2004 - 302 ページ
3817 レビュー
暗く重たい雨雲をくぐり抜け、飛行機がハンブルク空港に着陸すると、天井のスピーカーから小さな音でビートルズの『ノルウェイの森』が流れ出した。僕は一九六九年、もうすぐ二十歳になろうとする秋のできごとを思い出し、激しく混乱し、動揺していた。限りない喪失と再生を描き新境地を拓いた長編小説。

レビュー - レビューを書く

ユーザーの評価

星 5 つ
1191
星 4 つ
1215
星 3 つ
1039
星 2 つ
283
星 1 つ
89

ノルウェイの森 下 (講談社文庫)のMijasさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - Mijas - 読書メーター

下巻はやれやれと思う場面も多かったが、恋愛小説ではなく社会派演劇の脚本として読むと、緑のあけすけな会話も、レイコ、永沢に語らせるセリフも行動も納得してしまう。大学紛争という時代を感じさせるが「押しつけられたとわいわい騒いだり」「努力もせずに ... レビュー全文を読む

ノルウェイの森 下 (講談社文庫)のよしもとさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - よしもと - 読書メーター

なかなかよかったです。村上春樹の名作。他も挑戦しましたが、一番読みごたえあった レビュー全文を読む

他の版 - すべて表示

書誌情報