アイデア実現のための Raspberry Piデザインパターン 電子回路からMathematicaによるArduinoコラボまで

前表紙
株式会社 オーム社, 2019/10/23 - 342 ページ

Raspberry Piでアイデアを自由自在に実現するためのデザインパターンを整理。

本書は、Raspberry Piを使ってアイデアを自由自在に実現するための、デザインパターンを整理した書籍です。

Raspberry Piの入門書を読んだだけでは、思いついたアイデアをもとに、実際に動く電子工作を製作することはほぼ不可能です。本書では、アイデア実現に必要なソフトウェア、ハードウェア、部品の集め方、配線などのノウハウを、パターンメイドの方法でわかりやすく紹介しています。

ハードウェアを買い集めて、実際にハードウェアとソフトウェアを組んでみようと思い立った際に、ぜひ一読ください。


ステップ1 とりあえずRaspberry Piを動かしてみる

   1-1 Raspberry Pi Zero/Zero Wのヘッドレス設定

   1-2 VNCでRaspberry Piを操作しよう

   1-3 Raspberry PiとPCとのファイル送受信

   1-4 Mathematicaを動かしてみる

ステップ2 何かをRaspberry Piにつなげるしくみ

   2-1 GPIOピンの配置

   2-2 RaspberryPi Zeroのコネクタ類

ステップ3 つなげた何かを動かす準備

   3-1 GPIO

   3-2 I2C

   3-3 PWM

   3-4 スタンドアローンシステム

   3-5 外部モジュールの制御をサポートする関数(ソースコード)

ステップ4 手先を動かすことが必要

   4-1 ワイヤリング

   4-2 スイッチと外装

   4-3 工具とはんだ付け、テスタ

ステップ5 点灯させて押してみる

   5-1 フルカラーLEDモジュール

   5-2 LEDモジュール

   5-3 スイッチの制御

   5-4 電圧レベルシフタ

ステップ6 Arduinoとコラボする

   6-1 Arduino IDEによるプログラミング

   6-2 I2Cを通じてRaspberry PiからDigisparkを制御する

   6-3 Raspberry PiからDigisparkのフルカラーLED を制御する

   6-4 ATtiny85のI2Cチェーン

ステップ7 動きを計ってみる

   7-1 Dovewill(Adafruit)10 DOF 6軸と方位、温度・気圧モジュール

   7-2 GY-511 LSM303DLHC 3軸と方位モジュール

   7-3 GY-521 MPU-6050 6軸モジュール

   7-4 距離測定モジュール

ステップ8 何かを表示してみる

   8-1 ST7032i LCD

   8-2 SSD1306 OLED

   8-3 プロポーショナルドットイメージの生成

ステップ9 何かを動かしてみる

   9-1 サーボモータ

   9-2 ステッパモータ

   9-3 DCブラシモータ

   9-4 DCモータドライバ

ステップ10 電源は大事

   10-1 電源の選択

   10-2 電源モジュール

   10-3 LiPo電池と充電モジュール

ステップ11 Node.jsとコラボする

   11-1 Node.jsの準備

   11-2 rpioによるGPIO制御

   11-3 MathematicaとNode.jsとの接続

ステップ12 Mathematicaの使いこなし

   12-1 MathematicaとPythonの比較

   12-2 Mathematicaのプログラミング手法

   12-3 Mathematica言語の本質

   12-4 オブジェクト指向プログラミング

   12-5 二重振り子のカオス発展を観察

ステップ13 手順も技術の1つ

   13-1 プロジェクトの構成要素

   13-2 プロジェクトの開発のループ

   13-3 パーツを探し出して購入する方法

 

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

目次

ステップ1 とりあえずRaspberry Piを動かしてみる
1
11 Raspberry Pi ZeroZero Wのヘッドレス設定
2
12 VNCでRaspberry Piを操作しよう
22
13 Raspberry PiとPCとのファイル送受信
31
14 Mathematicaを動かしてみる
35
ステップ2 何かをRaspberry Piにつなげるしくみ
39
21 GPIOピンの配置
40
22 RaspberryPi Zeroのコネクタ類
45
74 距離測定モジュール
161
ステップ8 何かを表示してみる
171
81 ST7032i LCD
172
82 SSD1306 OLED
180
83 プロポーショナルドットイメージの生成
184
ステップ9 何かを動かしてみる
189
91 サーボモータ
190
92 ステッパモータ
196

ステップ3 つなげた何かを動かす準備
47
31 GPIO
48
32 I2C
54
33 PWM
65
34 スタンドアローンシステム
71
35 外部モジュールの制御をサポートする関数ソースコード
76
ステップ4 手先を動かすことが必要
81
41 ワイヤリング
82
42 スイッチと外装
90
43 工具とはんだ付けテスタ
92
ステップ5 点灯させて押してみる
95
51 フルカラーLEDモジュール
96
52 LEDモジュール
100
53 スイッチの制御
102
54 電圧レベルシフタ
106
ステップ6 Arduinoとコラボする
109
61 Arduino IDEによるプログラミング
110
62 I2Cを通じてRaspberry PiからDigisparkを制御する
124
63 Raspberry PiからDigisparkのフルカラーLED を制御する
128
64 ATtiny85のI2Cチェーン
135
ステップ7 動きを計ってみる
143
71 DovewillAdafruit10 DOF 6軸と方位温度気圧モジュール
144
72 GY511 LSM303DLHC 3軸と方位モジュール
153
73 GY521 MPU6050 6軸モジュール
159
93 DCブラシモータ
199
94 DCモータドライバ
201
ステップ10 電源は大事
207
101 電源の選択
208
102 電源モジュール
210
103 LiPo電池と充電モジュール
212
ステップ11 Nodejsとコラボする
215
111 Nodejsの準備
216
112 rpioによるGPIO制御
218
113 MathematicaとNodejsとの接続
220
ステップ12 Mathematicaの使いこなし
225
121 MathematicaとPythonの比較
226
122 Mathematicaのプログラミング手法
230
123 Mathematica言語の本質
241
124 オブジェクト指向プログラミング
249
125 二重振り子のカオス発展を観察
252
ステップ13 手順も技術の1つ
257
131 プロジェクトの構成要素
258
132 プロジェクトの開発のループ
261
133 パーツを探し出して購入する方法
263
参考URLなど
266
索引
273
奥付
277

多く使われている語句

書誌情報