蜜のあわれ

前表紙
小学館, 2007 - 158 ページ
金魚と少女の間を往還する「あたい」と、老作家「おじさま」の不思議な交流。室生犀星晩年の傑作が、耽美的な写真とのコラボレーションで蘇る。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報