俺たち妊活部

前表紙
主婦の友社, 2016/02/10 - 192 ページ
借金まみれの僕に妻が唯一望んだのは「あなたの子どもが欲しいの」。そのたったひとつの妻の願いが叶えられない僕。そんなふたりが本気で挑んだ不妊治療。その経験を男性視点で語った涙と笑いの妊活記録。雑誌『赤ちゃんが欲しい』連載で大人気の「妻には言えない妊活男性のホンネ」でも取材をする多数掲載。不妊治療で苦しむのは、もちろん女性。でも、男性だってパパになりたいし、悩んで落ち込んでいる妻を見ているのは辛い。そんな妊活中の夫婦のために、気持がちょっと楽になり、頑張りたくなる1冊です。女性だけじじゃなく、男性にもぜひ読んでいただきたい。「妊活によって夫婦の絆は深まった」という人は90%以上なんですから。
 

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

多く使われている語句

著者について (2016)

1972年生まれ、東京都出身。大学生のとき男性誌でライターデビュー。以降、女性誌からエロ本、学年誌など幅広い分野で活躍し、現在は芸人さんのインタビューや構成などを多く手掛ける。現在、39歳から始めた妻の不妊治療と妊活中の男性への取材記事を雑誌『赤ちゃんが欲しい』で連載中。

書誌情報