聖光天使マリア 〜悪堕ち連鎖狂い咲き〜【電子書籍限定特別増量版】, 第 1 巻

前表紙
株式会社パラダイム
0 レビュー
クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します
スタイル抜群で美少女であることを除けば、ごくふつうの女子学生だったマリア。
彼女が聖光天使となったのは、親友の彩芽が魔物に襲われたときのことだった。
なんとか助けようとするものの敵うはずもないが、諦めずに立ち向かう。
そのとき現れた天使により、マリアは奥底に眠る聖なる力を呼び覚まし、変身して戦う力を授けられたのだ。
それからというもの、マリアたちと同じような少女たちが魔物たちに襲われるたび、聖光天使となって戦っていたが、魔物たちの執拗な攻撃はマリアに向けられ、異世界へと連れ去られてしまう。
そこは機械だらけの監獄のような場所で、マリアは電気触手による拷問を受けて敏感な体にされてしまう。
何度も性的な拷問を受け、ついには処女を散らされたマリアは…。

【本書は文庫版にはないシーンを加筆して構成された、電子書籍限定の特別版!
 原作ゲームの醍醐味ともいえるのが、マリアが後戻りのできない改造を施されたうえに悪堕ちしてしまうバッドエンドの数々。その中から、機械監獄で無感情なロボットに改造されてしまう『脱獄失敗地獄編』と、女郎からの足抜けに失敗したマリアが脳姦され、花魁の魔物になってしまう『悪堕ち花魁百鬼夜行編』を追加収録した豪華版です】

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報