トモダチの母 〜熟々たる想い〜, 第 1 巻

前表紙
株式会社パラダイム, 2021/09/10 - 256 ページ
0 レビュー
クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します
主人公・真の憧れの女性、それは親友である慎也の母親・三咲だった。思春期を迎えた真は、慎也の家を訪れ三咲とふたりきりになったとき、我慢が効かず彼女に欲情して勃起。それを見た三咲は、戸惑いつつも優しく性の手ほどきを始めるのだった。その後、ふたりの背徳的な関係はエスカレート。彼女の息子や夫の目を盗んでハメまくり、ついには真の子供を孕む秘密の計画を立てるように…!!

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報