日本人の他界観

前表紙
吉川弘文館, 1997 - 186 ページ
古来、日本人は死後の世界=他界に親しみを抱いてきた。それは外来宗教の受容とさまざまな変遷をへて平安時代に定着する。この他界観を、現世に生きる者の眼で再構成し、そこにこめられていた日本人の思いを追求する。

この書籍内から

レビュー - レビューを書く

日本人の他界観 (歴史文化ライブラリー)のs2sさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - s2s - 読書メーター

20000607。 レビュー全文を読む

多く使われている語句

書誌情報