勝者の組織改革

前表紙
PHP研究所, 2004 - 195 ページ
問題が起こると知りつつ何もしない。そもそも本気で変わろうとしていない。過去の成功体験にしがみつき、いつかは「神風」が吹くと根拠もなく楽観視。日本の組織に蔓延する「不作為の病」。決定力不足に悩むサッカー、人気凋落にあえぐ大相撲、既得権をめぐって混乱するプロ野球、ドタバタをくりかえすオリンピック代表選考。責任の所在はどこにあるのか。勝てるチームをつくりあげた名指導者たちの声に耳を傾け、考える。「伝統か改革か」はナンセンス!「明日の勝者」になるために、スポーツから学ぶ組織改革の思考。 【PHP研究所】

レビュー - レビューを書く

勝者の組織改革 (PHP新書)のパパさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - パパ - 読書メーター

二宮清純の本ってこんなのだったっけという印象。 日本人の滅びへの美学と、建物を木で作ることは全く関係ない。ヨーロッパのように石で作ってたら地震の時に何人死ぬと思ってんの。浅い、薄い。 レビュー全文を読む

勝者の組織改革 (PHP新書)の海老庵さんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - 海老庵 - 読書メーター

ちょっと期待外れ。言ってる事に正しさがあっても実効性がない。 レビュー全文を読む

書誌情報