秀吉: 夢を超えた男, 第 1 巻

前表紙
日本放送出版協会, 1998/05/20 - 413 ページ
「下克上の嵐」が吹き荒れていた十六世紀の半ば、尾張では織田信長が勢力を伸ばしつつあった。信長の中に自らの「神」を見出した日吉はその配下となり、天下取りの尖兵として乱世に飛び込んでいく。「組織」をキーワードに、秀吉の戦国50年と日本の戦後50年を重ね合わせて激動の時代を描いた、堺屋版『太閤記』全三巻。

レビュー - レビューを書く

秀吉―夢を超えた男〈3〉 (文春文庫)

ユーザー レビュー  - mailentain - Booklog

2016.9.15完了。 淡々と読みやすい。 レビュー全文を読む

他の版 - すべて表示

書誌情報