Barbara Leigh Smith Bodichon and the Langham Place Group

前表紙
Routledge, 2010/10/20 - 486 ページ
0 レビュー
クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します
First published in 1987. Reprints material from the 1850's and 1860's, a period which marked a turning point in the history of British Feminism. At the centre of this was Barbara Leigh Smith Bodichon, whose pioneering schemes to improve the status of women made these years some of the richest in debate and reform

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

他の版 - すべて表示

書誌情報