角田覚治(かくたかくじ): 「見敵必戦」を貫いた闘将

前表紙
PHP研究所, 2009 - 352 ページ
昭和の日本海軍で、山口多聞と並び称される闘将・角田覚治。その「見敵必戦」の信念が遺憾なく発揮されたのは、ミッドウェーの敗北から四カ月後に起こった南太平洋海戦である。機動部隊がぶつかり合う決戦の最中、第二航空戦隊司令官の角田は一時的に指揮権を譲られると、果敢に反復攻撃を試みて勝利をつかみとった。責務を誠実に担い、部下思いでも知られた提督の生涯を描いた力作。 【PHP研究所】

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

他の版 - すべて表示

書誌情報