決定版古事記と日本の神々

前表紙
学研パブリッシング, 2009 - 247 ページ
有名場面と神さま事典でつづる日本神話の世界。
 

レビュー - レビューを書く

決定版 古事記と日本の神々FILEのmichuさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - michu - 読書メーター

日本人として知っておいて良いと思うネタに、正月というベストタイミングでトライ。しかし、神々の名前の難しいこと、難しいこと。京極夏彦の「狂骨の夢」と「絡新婦の理」を読んでいたのが助けになった。というか、知ってる名前に出会えて楽しめた。むしろ京極作品の理解が深まった感じです。 レビュー全文を読む

決定版 古事記と日本の神々FILEのAngelinaさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - Angelina - 読書メーター

イザナミ、イザナギや天石屋戸開きにヤマタノオロチ、何となく知ってたけど詳しくは知らないエピソードがぎっしり。500円のムック本としてはかなりの充実感。しかし、日本って本当に八百万の神々なのねぇ、あまりの数の多さと神様らしくない変なエピソード多過ぎ ... レビュー全文を読む

多く使われている語句

書誌情報