前表紙
角川書店, 2011 - 217 ページ
0 レビュー
「憤り」とは世界に体当たりする情熱である―。グローバル時代の社交術から官僚依存批判、そして「クールビズ」のススメまで、時代の数歩先を駆け抜けた芸術家による鮮やかな現代日本論。『眼―美しく怒れ』改題。

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報