妖怪談義

前表紙
講談社, 1977 - 226 ページ

レビュー - レビューを書く

妖怪談義 (講談社学術文庫)の泗季さんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - 泗季 - 読書メーター

終始話の組み立てや古い言葉に苦戦。取り上げられているのは皆が知っているようなカッパや一つ目小僧、その他の話がほとんど。妖怪云々というよりは著者本人も生きた当時の空気感を感じられたことが収穫かもしれない。単なる怪異の伝承からその時 ... レビュー全文を読む

妖怪談義 (講談社学術文庫)ののぞみさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - のぞみ - 読書メーター

「妖怪とは何か」それ即ち「日本人とは何か」。読んでて「あ、この言葉はこういう意味・由来だったんだ!?」と思う所がたくさんあって楽しい。最後の『妖怪名彙』が好きというか、伝承地域は全く違うのに似たような妖怪達の姿を次々教えられると、本当に我 ... レビュー全文を読む

他の版 - すべて表示

書誌情報