闇属性の魔法使いだが、なぜか勇者になってしまった 〜それはともかく嫁にいい暮らしをさせるために頑張って成り上がろうと思う〜4

前表紙
株式会社パラダイム, 2018/06/30 - 288 ページ
一介の闇魔法使いだったクリスは、ある日女神の神託により勇者に任命された。
『惚れた女にいい暮らしをさせる』という信念のもと、勇者の仕事に邁進した結果、複数体の魔王種の討伐という功績を上げ、爵位をもらえるほどの立場を手にすることになる。
 幸せの最中にいたが、マーニュ王国の王女・アルチーナとの結婚をひかえたある日、軍神の勇者・アレスに彼女がさらわれてしまう。
 帝国での戦いの末、無事アルチーナの救出に成功し、妻達と愛し合う日々に戻るクリス。
 挙式準備で忙しい中、逃げ出した神秘蛙を捕まえるためティータニアと共に追跡していると、正妻・オリヴィアが奴隷になるきっかけとなる『呪い』を施した少女、アンジェリカと出会った。
『愛される呪い』を身に宿した少女との出会いは、クリスの生活に変化を及ぼして…?

レビュー - レビューを書く

レビューが見つかりませんでした。

書誌情報