RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発第4版

前表紙
株式会社 オーム社, 2011 - 415 ページ
多様かつ高度なWebアプリケーションを迅速に開発するフレームワークとして、定番となったRuby on Rails。本書はRailsの開発者自身が執筆に参加した原書Agile Web Development with Rails 4th Edition(2011年3月発行)を翻訳したものです。 日本語版ではRails3.1に対応しています。
 

レビュー - レビューを書く

RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第4版のbabooconさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - baboocon - 読書メーター

人気のWebアプリケーションフレームワーク「Ruby on Rails」の入門書…というには少々難易度が高めだった。でもRailsの生みの親であるDHH氏が共著者に名を連ねているだけあって、Railsの設計思想だとか内部構造については他の入門書よりもよくわかった。Rails3.1対応なので、4.x系対応の第5版が出たらまた買うかも。 レビュー全文を読む

ページのサンプル

目次

第I部はじめてのRails
1
第II部アプリケーションを構築する
53
第III部 Rails詳説
239
著作権

書誌情報