太宰治

前表紙
河出書房新社, 1990 - 223 ページ
0 レビュー
クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します

この書籍内から

レビュー - レビューを書く

クチコミの確認は行っていません。しかし、Google では虚偽のクチコミをチェックし、虚偽のクチコミが見つかった場合は削除します

太宰治 [ちくま日本文学008]のこまちさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - こまち - 読書メーター

どれも良い作品でしたが、「黄金風景」、「桜桃」、「ヴィヨンの妻」が特に良かったです。太宰治という作家のユーモア、そしてエロティシズムのすばらしさを教えてくれた一冊です。 そうして、その翌る日のあけがた、私は、あっけなくその男の手に入れられました。・・・「ヴィヨンの妻」 エロ過ぎ! レビュー全文を読む

太宰治 [ちくま日本文学008]の飛びバッタさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - 飛びバッタ - 読書メーター

『黄金風景』主人公のひねくれ感と最後の涙がたまらない。『津軽 抄』ヘタレ太宰さん…出発時に心に決めていた約束を、己の弱さで破りに破っていく。カニを三つも四つも食べちゃうし雑談しちゃうし悪口言っちゃうし。「私はその、甚だいやしい事を、やっちゃった」か ... レビュー全文を読む

他の版 - すべて表示

多く使われている語句

書誌情報