王手: ここ一番の勝負哲学

前表紙
成甲書房, 2001 - 285 ページ
0 レビュー
人事百般を盤上の形勢におきかえ、偉才が見つけた人生の定跡。

レビュー - レビューを書く

王手 (中公文庫)の2boyさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - 2boy - 読書メーター

好著。非常に学ぶところ多し。東洋知の懐の深さ。手元に置いておきたいな。 レビュー全文を読む

王手―ここ一番の勝負哲学のwalwalさんの感想・レビュー

ユーザー レビュー  - walwal - 読書メーター

ヒゲの大名人こと升田幸三実力制第4代名人のエッセイ集。将棋の話を軸にして様々な話題が語られている。結構ズバズバ書かれていて、文章の好みは分かれると思うw レビュー全文を読む

他の版 - すべて表示

書誌情報